医用システム
ホーム > 医用システム > POC検査支援ソフト ECPO

診療所・小規模病院様向けPOC検査支援ソフトウェア「ECPO」

診療所・小規模病院様向けPOC検査支援ソフトウェア「ECPO」
 
 


主な特長

ベンダーフリー
・各社製 分析装置からのデータ取り込みが可能。
 対応済み分析装置についてはお問い合わせ下さい。
・標準機能で分析器5台まで接続可能です。6台以上の場合はオプション機能となります。

簡単操作(ワークシート方式)
・通常使用する画面は1画面、操作は患者情報入力または依頼受信のみの簡単運用。
 ※依頼受信は電子カルテに依存します。詳しくは、お問い合わせ下さい。

電子カルテと連携
・測定する順番にオーダを登録するだけで、測定結果を自動的に取得、オーダ情報と紐付け
 電子カルテに送信します。


基本機能

オーダ入力
検査を行う順番に患者IDを入力し、測定する検査機器を選択すれば入力完了です。
依頼情報を授受できる電子カルテの場合、依頼受信ボタンを押せば入力完了です。
検査前であれば、測定順序を変更することもできます。
ワークシート印刷
各検査機器毎の検体測定順番を示したワークシートを印刷します。
検査装置オンライン
分析機からの検査結果値を取得してオーダ情報と結びつけてから、自動的に電子カルテに送信します。
検査機器接続台数
標準で5台まで、オプションで6台以上の接続も可能です。

動作環境

OS Windows7/8/10
必要環境 Microsoft.Net Framework 2.0以上

対応電子カルテ

パナソニックヘルスケア
株式会社
Medicom-HR、Medicom-HRU、
Medicom-DP/X、Medicom-DP/X・U、Medicom-DP/X・V、
Dr's Partner
富士通株式会社 HOPE/EGMAIN-CX、HOPE/Dr's Note
株式会社ユヤマ Brain Box
アイネット・システムズ
株式会社
AI・CLINIC
株式会社ラボテック Super Clinic
・検査結果FD (MEDISフォーマット) として出力可能です。
RS_Base 医療ファイリングソフトの検査結果CSVファイルフォーマットで出力することもできます。
・その他のシステムについてもお問い合わせ下さい。

対応測定機器

ロシュ・ダイアグノスティックス
株式会社
コアグチェック XS プラス、コバス h 232
※接続にはPOCTベースユニットが必要です。
ノバ・バイオメディカル
株式会社
Stat Strip、Stat Sensor
※接続にはドッキングステーションが必要です。
株式会社堀場製作所 LCシリーズ
日本光電工業株式会社 MEKシリーズ
・その他のPOCT機器についてもお問い合せ下さい。

お見積もり・ご購入

「ECPO」の導入・OEMのご相談に関してはお気軽にお問い合わせください。
メーカー様・代理店様向けOEMについても、随時対応いたします。
株式会社サイス 受付窓口

【webからのお問い合わせ】 フォームからのお問い合わせ フォームからのお問い合わせ

【メールでのお問い合わせ】 メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

【電話・FAXからのお問い合わせ】 tel: 03(5789)3030 / fax: 03(5789)3033

電話受付時間:月〜金曜日 午前9時〜午後6時(祝祭日、当社休日は除く)


このページのトップへ